スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
12/4(日)は、いちきアクアホールにて いちき串木野市「ふれあいフェスタ」 中嶋晃子の出演は、14:50〜15:20♪


12/4(日)は、いちきアクアホールにて いちき串木野市「ふれあいフェスタ」 中嶋晃子の出演は、14:50〜15:20 昨年は、雨天で来場者2500名! 今年は晴れますように。 ホールの外では朝から 農作物、海産物、焼肉、 果物、お菓子、焼き鳥、 地ビール、さつま揚げetc... 鹿児島産の美味しい 食べものをGETできます。 個人的にはモンシェリーの チョコレンガ大好き! もちろん、中嶋晃子のCD そして歌詞が書かれた ポストカードのグッズ、 販売予定です。 只今、製作中!! みなさん、日曜日は いちき串木野市へ お出かけしませんか? 吹上浜荘に泊まり 温泉に入って帰るのも 気持ちいいですよ〜!
Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
2016年Xmasとっておきのキャンペーン
【今年のクリスマスはANAクラウンプラザホテルで歌います♪】
2016年10月31日〜2016年11月30日の間に 九州内のイオン、マックスバリュー及びレッドキャベツ全店舗で、 紙パック商品を除くキリンビバレッジ全商品を 2名様は2,000円(税込)以上のお買い上げ 4名様は4,000円(税込)以上のお買い上げレシートで 応募していただくと 80組限定で 12/24(土)はANAクラウンプラザホテル福岡 12/25(日)はANAクラウンプラザホテル熊本で 密蝋クリスマスキャンドルの手作り体験と 中嶋晃子が歌うクリスマスソングを聴きながらの 豪華コースディナーにご招待!! そうです☆ ライヴと食事とキャンドル手作り体験が当たるチャンスです!! ということで、ライヴの告知ができなかったのですが、 今回はキャンペーン企画で 出演させていただきますので 今月末まで、イオンなどでよく買い物しているという人、 応募してみてくださいね(^o^) キリンビバレッジ商品、って言ってもピンとこないかな? 午後の紅茶とか、生茶とか、トロピカーナとか。。。
沢山あります☆ソフトドリンク系!! 他にもクリスマスイベントで歌って ほしいという依頼を頂いていますが、 日時が重ならなければいきますので ひとまず主催者様に 提案していただけるとありがたいです。 ご連絡お待ちしています(^o^)

https://www.mechatoku.com/ckensho/shosai02.php?cid=179532&mk=3
Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
目白祭
『目白祭』でのライブ! 平尾台に響き渡り 気持ちよかった〜♪ ライブ前は雨もやんでくれて 素晴らしいロケーションでした! いろいろと準備してくださった 山本 智章 さん 、園田さん スタッフの皆さん(^o^) 久しぶりに、永井さんの メッセージはマッサージを 鍾乳洞の中で聴けた♪ ナイスキャッチ! 足を運んでくださった皆様 本当にありがとうございました(^o^) また、北九州に行ける日を 楽しみにしています♪


Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
Voice Thepapy個人レッスン(2日間)感想


沖縄、竹富島でヒーリングサロンをされている 大浜ゆかり(YUKARI)から 素敵な竹富島の海の写真と共に 福岡でのVoice Thepapy個人レッスン(2日間) を受講されての感想が 送られてきましたので シェアさせていただきます。 余談ですが、このレムリアンカードの イラストを描いている画家は 中嶋晃子がレイラーニという名前で デビューしたときのアルバムジャケットの イラストを依頼した寺門孝之さんでした。

いろんな意味での再会 新しい扉を開くことになったレッスン これからのYUKARIの作品が 益々、楽しみです。

1.個人レッスンを受講前に・・・
   自分の声を発することが苦手な事 歌声も然りですが、意見を言うこと、自分を表現することもできずにいました。いつか人前に立って歌や演奏で自分を表現していきたいと思っておりました。  

2.レッスンをどのようにして知ったか?
 facebook 久家公子さん経由で 写真がとても美し かったので検索(夜景をバックにした後ろからの姿での写真)

3.レッスンを受講する決め手になったこと
 身体や声以上のこと もっと奥深くのことをご存じそうだったので。

4.印象&むずかしさ

 ちょっとした鼻歌で 曲になってしまったことにビックリしました!!そして時間があっという間に過ぎてしまったこと。  難しいのは声の一定の吐き方…自分への課題ですが、今どのくらい空気の分量が出ているのかよく分からない(´;ω;`) 晃子の説明は分かりやすく理解しやすかったです。  身体もゆるゆるになっていきたいですな(^o^)

5.次回レッスン
 自分自身の声を出せるようになりたい きっともっとできるはず!私!(#^^#) 言葉をたくさん持って歌詞をまたつくってみたいです ワークショップも是非受けたいです。

6. その他、感想
 とにかく楽しかった! ピアノのある部屋に入った時、とうとうここまで来たか!と嬉しくなりましたよ。幼少のころからエレクトーンの電子音で育ってしまった私にとっては「生」の音に触れられるのが 既に嬉しいことなんです。晃子のピアノの音は澄んでいてきれいでした。  晃子の声も「不純物無し!」の太くて 力強くて美しい声でした。  私は美しい音や声で、「愛」の波動を響かせていきたいのです。私は(もちろんどなたも)女神であり・愛であるので それを地球全体に響かせ、もっと愛を思い出す方が増えていったらいいなと思っていますし、そうできると思っています。スタートしたばかりですが、楽しみながら進んでいきたいです。よろしくお願いします(o^―^o)  ヒーリングを自分でするようになるにつれ、ヒーラーもヒーリーも大きな変容を迎えるのですが、その後音楽のことを思い出していくにつれ、音楽であれダンスであれ、街のカフェ、事務仕事、どんな仕事でも、声を含めその人の発するものが 愛であれば、そこが立派なヒーリングの場所になるのだと気づかされたのです。 晃子の声とピアノは、すごくすごく「愛」に 溢れていて だから最初に私の歌詞を曲にして弾いて下さったとき ぽろぽろ涙が出たのです(´;ω;`)ウゥゥ  それで・・・昨夜帰宅して引いたレムリアンカードは  天の川:祝福の流れにのっています  願いは叶うでしょう  だったので わおーΣ(・ω・ノ)ノ! 嬉しいカードでした!  余談ですが、今日洞窟に行かれていましたが  レムリアン的に洞窟は全てを生み出す女神の子宮で「誕生・再生・新しいことの始まり」ですので、このタイミング!正に! と私ひとり勝手に驚いていました。
Miracle Voice School | comments(0) | -
entry_bottom
10月の中嶋晃子・ライヴスケジュールのお知らせです♡


[ LIVE ] TOKYO
2016年10月4日(日)
『トビウオリアキ(Viola)×ナカシマアキコ(Vo.&Merlin,Piano) LIVE』
Open 19:00 Start 20:00 
場所:Roppongi Basecamp
(東京都港区西麻布3-2-9 サンライズ六本木B1)
TEL : 03-6434-7800
Charge:チップ制(Pay What You Can)
出演:トビウオリアキ(Viola)/中嶋晃子(Vo.&Merlin,Piano) 
http://profile.ameba.jp/tobiuoriaki/
ご予約:akikonakashima0121@gmail.com(Akiko)

[ LIVE ] KARUIZAWA
2016年10月9日(日)
『こころのうた演奏会 Vol.7」with Akiko Nakashima in 軽井沢』 
場所:Sinary member’s club 軽井沢(長野県北佐久郡軽井沢町長倉9-122)
出演:中嶋晃子(Vo.& Piano,Merlin)/Karen(Vo.)/Kinuka(Vo.)/

川村綾子(Vo.)/Kyoko(Vo.)/TOMOKO(Vo.& Ukulele)/

Natasha(Vo.&Piano)/松嶋千惠(Vo.)
Open:14:30 Start:15:00 終了:17:00頃予定 
料金:《大人》前売り:2500円/当日:3000円
   《高校生以下》前売り:1000円/当日:1500円《未就学児》 無料
ご予約:akikonakashima0121@gmail.com (Akiko)

 

[ LIVE ] FUKUOKA
2016年10月16日(日)『目白祭』
場所:平尾台 目白鍾乳洞(北九州市小倉南区平尾台3丁目1-1)
TeL:093-451-6315
時間:10:00〜17:00
料金:前売り 1000円/当日 1500円(鍾乳洞入場、ライヴ込)
☆小学生以下は無料
出演:中嶋晃子(Vo.&Piano,Merlin)/motordrive(VJ)/etc...
お問合せ: 093-967-1227 (トワエモア)

http://akikonakashima.wixsite.com/akikonakashima

Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
【イギリスの旅ー 2016.6.22(Wed)・2016.6.23(Thu)】 London ⇒Incheon ⇒Fukoka 無事に帰国!
【イギリスの旅ー 2016.6.22(Wed)・2016.6.23(Thu)】

あっという間にイギリス滞在最終日になった。この日は、レンタカーを返すまでに余裕があったから、20(月)にいけなかったWindser城かバッキンガム宮殿に行こうという話をしていたので楽しみにしていたのに、朝食の時間にHaruから「今日は、観光はしないでどこかカフェに入ってワークしよう。」と切り出される。「正直、イギリスでもどこでも場所は関係ない。ワークをしよう。」とHiromiからも言われ、また私の怒りが爆発し、「もう、いいです。それなら一人でいきます。」と伝える。せっかく、ここまで来たんだから、最後はイギリスでしかいけないところに行って、ワークすればいいのにと思った。とくに、Windser城は旅のスケジュールをつくっている最中に、Haruがどこか他に行きたい場所のリクエストがないかきかれた時にリクエストした場所で、行ってみたいという気持ちが強かった。「何のためにいくのか意図をおしえてほしい。」といわれたけど、説得力のある答えは出せず、結局、空港の近くまで行くことになった。アリゾナの旅、セドナを思いだした。あの時も、ベルロックに行きたいといったけど、行けなかった。その後にホーリークロースチャペルで奇跡がおこった。また、同じだ、、、!もう、いいや〜Windser城もバッキンガム宮殿もどうでもよくなった。この旅では私がナビ係で、Hiromiが食事係担当だったので、助手席にには、ほとんど私が座ってナビしていた。「最後にHiromiは助手席にのらないで心残りはないですか?」とHaruがきいた。わたしもHiromiが助手席のほうがいいならと思い、席を交代してナビをしてもらったが、ちょっと不安そうだった。空港の近くまできたので、途中でモールによってまたCostaでお茶することにした。HiromiとHaruが地図を買いにいっている間、スーパーで変えなかったProfiteRole のスモールポーションをM&Sで買った。ひそかな喜びを体験。HaruとHiromiが地図でレンタカーの場所をさがしている間にラテを買って席に戻った。「Hiromiごめんね。いろいろ振り回してしまって。」Hiromiが泣いていた。わたしのイギリスと音楽への執着、ずっと赦せなかった泥棒にかわる何かをHiromiも赦せるようになった様子。「ありがとう。このメンバーで旅に行けてよかった。」心からそう思えた瞬間だった。





無事に帰国!


Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
イギリスの旅ー 2016.6.21(Tue)】London Notting Hill

【イギリスの旅ー 2016.6.21(Tue)】

 

ステイ先のThe Abby Court Notting Hillは高級感があり、一番居心地がよかった。

朝、Haruが教会に行きたいといって、私はあまり乗り気ではなかったけど、Hiromiも一緒に行こうよといってくれたし、

どこかよい場所があればと思い、近くの教会を探した。St. Johns教会に行き、少し瞑想をしてから、

ポートベローマーケットの方に進んでいった。そこでHaruやHiromiは洋服を買ったり、私は帽子を買ったりした。

 

ある可愛い雑貨屋さんに入り、出る時にすれ違いに全身黒い衣装に身をまとったオシャレでダンディなChrisに出会う。

それから長い間立ち話になり、Chrisが私たち三人をお茶に連れてってくれて、素敵なカフェでおご馳走してくれた。

Notting Hillの映画の作者が当時、住んでいた家の場所まで教えてくれたりした。

ファッションや音楽の業界に長くいたけど、今は自分の作品のみ作っているらしい。

Yoji YamamotoやPaul Wellerの話、いろんな国に住んでいた話、人生いろいろやり尽くしてきて

仏教が好きだという話などをしてくれた。アジア人が好きなようだった。とても興味深い人だ。

 

それから一度、ホテルに戻り、Haruがヘアメイクをしてくれて、衣装に着替え、

最後のイベントである会場Caffe Concertoに向かった。ブランドが立ち並ぶショッピングモールの中にあるオシャレなカフェ。

綺麗なシャンデリアの下にあるステージ。そこでPianoのDaniel、BaseやGuitarを弾き語りするMattがいた。

彼らは毎週、ここで演奏しているそうだ。Mattは私が気になっていたグラストンベリーフェスティバルにも出演するといっていた。

DanielとはFBでつながり、レスポンスも早く日本人も大好きといってくれて私たち3人をWelcomeしてくれた。

ロンドンに来てからというもの、出会う人みんなが親切でユーモアのある人達ばかりだった。

ワーク後、ようやく私のハートが開いてきたからだろう。

 

一番前のテーブルに座り、Danielと何を演奏するか話をしたりした。日本からきているから多めに演奏していいよと言ってくれた。

最初にDanielとMatt が演奏し、その後に男女3人のユニットが演奏した。美しいハーモニーが会場を包み込んだ。

その後に休憩をはさんで私の出番。なぜかHiromiが緊張していた。わたしも、少し緊張していたからだと気づいた。

トイレに行って、曲順を考えていた。「聖霊、どの曲がいいですか?どの曲がこの会場とみんなにとって最善になるのか教えてください。」

心の中で訊いてみた。その時に浮かんだ曲は「Dear father」「ひとつの心」「梅の花」「All of me」...

 

Haruとも相談し、最初に「Dear father」そして「ひとつの心」、最後にDanielとMattと一緒に「All of me」 のセッションをしたら、

Danielにもう一曲歌ってほしいと言われ、一瞬不安がよぎったが、「My one and only love」を歌うことにした。

まさかこの曲まで歌うことになるとは。キーは伝えたが、最後の転調を予測してなかったようで、

ズレが生じて1か所明らかに失敗した。あ〜やっぱり!!不安がある時はどんな時でも焦らず、ワークしてから歌おうと思った。

なんだか、すっきりしないライヴだったが、思いがけずHiromiが感動してくれて嬉しかった。

夜はShepherd's Bushの駅から地下鉄に乗ってホテルに戻った。


*The Abby Court Notting Hill 2泊目





 

 

Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
【イギリスの旅ー 2016.6.20(Mon)】The Old Brewhouse→London

【イギリスの旅ー 2016.6.20(Mon)】

 

朝食は素敵な家具がそろったThe Old Brew houseのリビングで、朝から早速、「エゴだよ!本当はイギリスが嫌いなのよ。」

とHaruに指摘をしてもらう。そんなことはないんだけど、、、と認めきれない私。

Haruがいうイギリスの発音にもまだ反応していた。きっと私がアメリカの発音を馬鹿にしていたからだ。

留学時代のイギリスではアメリカ英語の発音とLiverpool訛りの発音はいつも笑われる対象だったから、

私も一生懸命その発音にならないように努力していた。今となってはどの発音が良いとか悪いとかないと思う反面、

歌となると、発音が悪くて何を歌っているのかわからないと言われることをいつも恐れていた。

だからそれを投影したのだと思っていた。まさか、自分がイギリスを嫌いだなんて、思えなかった。

誰よりも好きなイギリス、だからこの旅に参加する前に沢山リサーチもしたはずなのに。。。

Hiromiのスーツケースが壊れていたから、よいスーツケースがないか探しにいった。また雨が降っていた。

セールになっていた手頃なスーツケースをみつけることができ、Hiromiが購入したあと、お茶してからロンドンに向かった。

ロンドンにいく途中の高速の休憩所のカフェで、落ち着いてワーク。

 

そこではじめて、過去のいろんな赦しきれていない、イギリスのことを心の底に美化してしまいこんでいた、

否認していた自分に気づいた。「私が間違っていた。」ということを心から認められた瞬間、涙が溢れだした。

なんてことをしていたのだろう。気づけば、懐かしいと言いながらネガティヴな思い出ばかり話していた自分。

もういいよその話は、、、。エゴのすべてをおわらせよう!!「聖霊、すべて赦せるようにしてください。」

その瞬間に、外が晴れてきた。なんでもない17年前に最初に訪れたときの、新鮮で新しいイギリスに見える世界が変わっていった。

沢山の観念に気づかないように蓋をしていたことに、Haruから3回目の指摘をうけてようやく、気づいた。

 

ロンドンに着いてからは予想外の、ずっと晴れ!映画・ノッティングヒルの恋人に出てくる街、Notting Hillで

ステイ先のホテルのフロントの若い女性も気さくで、彼女のために「涙が花に変わるとき」を歌った。

誰もいない地下のスペースで練習するのを許してくれた。一緒に写真を撮り、FBに次の日のライヴ情報をUPしてくれたりして嬉しかった。

 

歌の練習にもHaruがつきあってくれて、その時に、ようやく旅の意図を明確にする準備ができた。

時間がかかったけど、旅が終わる2日前に意図を公言する動画を取り直した。

「私にとっては思い出が沢山つまったイギリスという土地で、ネガティヴなエゴの観念を取り消し、一掃する!」そう決意した。

 

チェックインしてからすぐに、また一人で出掛けていった。Hyde Park の方に行く途中に大好きなMagnumのアイスを買って

食べながらKensington Gardenを散歩していたら、メリーゴーランドや、池に浮かぶ沢山の白鳥たちをみた。

Bibury村では1羽の黒鳥をみたが、ロンドンでは沢山の白鳥。今まで見たことのない美しい街。わかりやすいビフォーアフターを体験した。

 

調子に乗ってその後も、近くの公園Holland Parkに行き、オペラを観ようと出かけたが、その日オペラハウスは閉まっていて、

観られないというエゴのシナリオを体験。やはり、意図を明確にしないで突っ走るとこうなる。孔雀を追いかけたりして帰り道を楽しんだ。

ローズガーデンで「Holy Spirit〜♪」と歌うクリスチャンの女の子に出会い、私も「ひとつの心」を歌ったりして、新しい友達もできた。


*The Abby Court Notting Hill 1泊目





 

 

Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
【イギリスの旅ー 2016.6.19(Sun)】Bibury→Cirenceter

【イギリスの旅ー 2016.6.19(Sun)】

Future Inn Bristolの朝食をとる場所には、グランドピアノがあり、ミュージックPVがスクリーンにうつっていた。

アールグレイにミルクをいれると懐かしい味。イギリスでは、なるべくTeaを飲むようにしていたが、ここはコーヒーも美味しかった。

また、Liverpoolの学校の朝のカフェテリアの雰囲気を思い出していた。

食事をしながら、Haruが私とHiromiとイギリスに来れてありがたいといって感謝が込み上げるような感じで泣いていた。

だけど、私には交渉したはずの仕事のギャラが大幅に減るような話の内容のメールがきたので、すぐにお断りの連絡を入れた。

また、エゴのシナリオを体験!

 

チェックアウトしてからは、はじめて行くBibury村へ。もう、目的地についているのにパーキングがなくて、

またグルグルしていた。そうやって外側に投影した通り、わたしはまだエゴを終わらせることができていない。

何から終わらせたらいいのか、もう、私にはどうしたらいいのかわからない!と聖霊にお手あげしたあと、

すぐにふっとパーキングが1台空いた。Hiromiの誘導で難しい縦列駐車をし、なんとか外に出て、観光することができた。

 

ところどころに日本語も発見!日本人に人気の観光スポットであることもわかった。

最後にはカフェに入り、NorikoとSayakaにいただいたお餞別でお茶。

アフタヌーンティを注文したが、よく写真にのっているような三段重ねのアフタヌーンティのイメージのものではなく、

1枚の瓦の上にのったスコーンたち。なんだか、「自分の価値を低くしてない?」とHaruに問いかけられ、

自分の能力に劣等感を抱いていた留学時代をまた思い出す。

 

そんな、もやもやが続く中、次のB&B があるCirenceterへと向かった。

チェックイン時間には間に合ったが、ここでも私が調べたはずのランドリーの場所は検索してもなにも出てこない。

探すのにまたグルグルしてものすごい時間がかかり、最後には道行く地元の人に一番近くのランドリーをきいて

私はどんどん進んでいこうとしたが、Haruからストップがかかる。

わたしとしては、もう、人に聞いたし、早くいかないと閉まるからと焦りながら、みんなと分離して急ぎ足で進んでいった。

やっとのことで、ランドリーがみつかったが、もう、あと、1、2分で閉まるという時、

カウンターの人に、滑り込みで使用していいかどうかきいてOKをもらえた。ぎりぎりセーフ!

その後は、HaruとHiromiがスーパーに買い物にいき、私は、ランドリーで洗濯物が乾くのを待ちながら、自己ワークしていた。

留学時代、いつものようにランドリーを使用したあと、家に帰り、泥棒に対面した時のことを鮮明に思いだし、

まだ赦せていないエゴを赦せるようにしてくださいと何度も聖霊にお願いした。



*The Old Brewhouse泊



 

 

Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
【イギリスの旅ー 2016.6.18(Sat)】Cheddar Gorge & Caves⇒Bristol

【イギリスの旅ー 2016.6.18(Sat)】

 

チェダー渓谷では、ソフトクリーム屋さんをみつけて、昔Liverpoolのダウンタウンで食べていた

ソフトクリームを思い出し、これ、美味しいですよ!とHaruとHiromiを巻き込んで、

一緒に食べることができて、一瞬喜んだけど、何かちょっと違う味。。。失敗?!

Haruも、鹿児島のソフトクリームのほうが美味しいと言っていた。

 

食べ終わって少し歩くと、似ているけど、ちょっと違うソフトクリーム屋さんをみつけ、

「あ!これだ!これが、私が好きな、昔、食べていたソフトクリームかもしれない。」とおもい、

間違えたことが悔しかった私は、もう一度、ソフトクリームを頼んでみんなで少しずつ食べた。

「ビンゴ!!」そう、これが、食べたかった味!Haruも、これは美味しいと言ってくれた。

 

なぜ、間違えたのだろう?この旅では、グルグルまわり、間違いを繰り返している。

そして、自分の正しさを主張するために、2回もソフトクリームをたべて、お腹もいっぱいで苦しい。

 

その後、Bristolの街に到着してからも、駐車場を見つけるのに、車でグルグルした。

Haruの変圧器が壊れていたので、ホテルのフロントで電気屋さんの場所をきいて、

近くのショッピングモールの中の電気屋さんと、偶然みつけたHaruの好きなアクセサリーがまさかのセール中!

お寿司、サラダなど、夕食の確保ができ、閉店前ぎりぎりに間に合った。

 

18日(土)は旅のスケジュール表ではライヴハウスに行くとなっていたけど、

ネット上では見つけられず、ホテルのフロントの人にも聞いたけど、

ライヴ情報には詳しくなく、Pubが集中している場所を教えてくれた。

ホテルの地下にはJazzが聴けるレストランもあったけど、この日は演奏はやっていない日だった。

音楽に執着していた私は、せっかくなのでちょっと外を見てきますといって単独行動をした。

HaruとHiromiはホテルでシャワーし、食事しながら、心に向き合っていた。

土曜日なのに閑散とした街を歩きながら、いくつかのパブやクラブをみつけたけど、

ライヴをしている場所を見つけることができなかった。途中から、ライヴをしている場所に行くのをあきらめて、

近くの公園を歩いていたら学生と思われる集団にあい、Liverpoolでの学生時代を思い出してまた懐かしくなった。

そしてなんか、すっきりしないまま早目にホテルに戻った。HaruとHiromiがご飯を食べながら待っていてくれた。

「はやかったねー。どうだった?」と聞かれて、「閑散としていて何もなかったー。」と答え、

次から次に、留学時代のネガティヴな思い出話が止まらなくなっていた。

「せっかく、Bristolまできたのに、なぜ、何も見つけられないのだろう。」と悶々とし、心の中でもグルグルしていた。

音楽に関われないならもう、一人で旅すればよかったと思うほど、エゴになっていた。

そう、意図が明確でないとこうなる。いや、明確にしたはずなのに、間違っていた。

*Future Inn Bristol泊



 

 

 

Akko's Diary | comments(0) | -
entry_bottom
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • SuehiroのCM音楽担当しました!
    Akiko Nakashima (07/07)
  • SuehiroのCM音楽担当しました!
    りの (07/01)
  • 2011年5月25日(水)18:00〜20:00【six sence works vol.1】でスプーン曲げ???
    Akiko (11/17)
  • 平安閣サンプリエールのCM音楽担当しました。
    PEACE (03/16)
  • 舞台5日目がおわり、今日も素敵なお花をいただきました〜!
    hiromin (11/19)
  • 3/22(木)隠れ家バーでプチライヴ
    七海なな (03/07)
  • VIOROのCM音楽担当しました!
    Darrell (02/27)
  • 焼酎「しろ」のTV−CM高橋酒造のHPからも見れます!
    やまなし (07/19)
  • 2011年5月25日(水)18:00〜20:00【six sence works vol.1】でスプーン曲げ???
    大野みつひろ (05/27)
  • みんな、それぞれの環境で、それぞれの視点で、東北と日本の復興を願っている。その気持ちは同じだと思いました。
    中嶋晃子 (04/12)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search